ワイナリー

ヴィラデストワイナリーの目指すもの

ヴィラデストワイナリーはブドウ栽培を基本に、風土を反映した、世界に発信できるワイン造りを目指します。

ヴィラデストワイナリーは、長野県東御市の標高850メートルの丘の上で、2003年から醸造をはじめました。千曲川の流れに沿う段丘は日本有数の小雨地帯で、日照時間が長く、寒暖差が大きななど、ワインぶどう栽培の好適地として知られます。 手入れの行き届いた畑で丁寧に育てた欧州系専用品種から生まれるヴィラデストのワインは、日本ワインコンクールの最高金賞をはじめ数々の栄誉に輝き、日本を代表するプレミアムワインと評価されるようになりました。

日本ワイン、とりわけNAGANO WINE はいまその品質の高さで熱い注目を浴びています。東御市を中心とする「千曲川ワインバレー」には、自分でブドウを育てて将来はワイナリーをつくりたいという若者たちが、数多く集まってきています。
ヴィラデストはその先頭に立って、小規模ワイナリーが集積する新しい産地をつくることで、農業をベースとしたライフスタイルがこの地に根づくことを願っています。

ワインリスト

ヴィラデストワイナリーで取り扱うワインをご紹介いたします。

MORE

ヴィラデストワインの買える店

ヴィラデストワインを取り扱うお店をご紹介いたします。

MORE

主な栽培品種

ヴィンヤードマップ

ワイナリーの見学・ワインの試飲について

ワイナリーの設備や作業の様子は、常時2階カフェレストランからか1F通路の窓越しにご覧いただけます。
また、営業期間中の土日、祝日には無料のワイナリーツアー(13:00からと15:00からの2回/各回定員15人)を開催しています。
無料ティスティングは行っておりませんが、カフェレストランにてグラスワインまたはティスティンググラスをお楽しみいただくことができます。
また、団体様でのワイナリー案内は有料(お一人様300円)にて承ります。 詳しくは予約担当あてにお問い合わせください。